スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

はじめての副業はヤフオクから-ヤフオクで儲ける100のルール

本気で稼げ!ヤフオクで儲ける100のルール本気で稼げ!ヤフオクで儲ける100のルール
(2004/02)
桜井 もえ根元 亮太

商品詳細を見る

ヤフオクでもっと儲ける100のルール[達人編]ヤフオクでもっと儲ける100のルール[達人編]
(2004/06/19)
桜井 もえ

商品詳細を見る

最新 あなたも稼げる! ヤフオクで儲ける100のルール最新 あなたも稼げる! ヤフオクで儲ける100のルール
(2006/11/14)
桜井 もえ根元 亮太

商品詳細を見る



副業を始めたいけど、なにがいいのかわからない。
本業があるからあまり時間を割けない。
開業資金が少ない、というかほとんど無いに等しい。

でも副収入をすぐにでも得たい。
贅沢は言わないから。


そんな人にはすぐにでもヤフオクをやってみることをお勧めします。
ヤフオク自体はあまりにも有名なので説明しません。
大事なのは、まずはじめてみることです。
きっと売れるはずです。
僕なんかインドですくってきたガンジス川の砂。これが売れました。
なにが売れるか、いくらで売れるか。
わからないのがヤフオクの魅力です。
わかってきたらあなたは相当なプロです。

繰り返しますが、大切なのは始めることです。
小さく始めて大きく育てればいいんです。
うまくいかなかったらやめればいいんです。
元手がかからないから辞めたってちっとも痛くありません。

最も痛いのは、実は「何もしない」ことです。

始めればいろんなことが身に付きます。
ネットビジネスは形の違いはあるけど、根っこは結構共通してます。
ヤフオクを通じてそれを感じ取ることができます。
それだけで大成果です。

ヤフオクじゃなくても楽天でもいいし、Amazonマーケットプレイスでもいいし、eBayでもいいんです。

ネットを通じて何かを売る。
この行為をぜひ経験してください。


この本は5年ほど前に出会いました。
当時僕は会社を休職して、病気療養のため自宅でゴロゴロしてました。
病気療養と言ってもまったく普通に生活してましたので、時間を持て余してました。
普通に生活してるのになんで休業してんだ、という突っ込みにはまた別途機会があればお話ししたいと思います。

で、どうせゴロゴロしてるんならなんかやろうという気になってヤフオクをはじめてみました。

ヤフオクに関してはたくさんの書籍やネット情報が出てますね。
もちろんすべてに目を通したわけではありませんが、いくつか見た中でこの本はとても役立ちました。

出てからすでに数年たってますので、当時裏テクとして紹介されている内容も今では通用しないというものもあるかもしれません。
でも多くの内容は今でも通用するノウハウです。

まずは始める。
そして修正しながらコツコツ自分スタイルを確立する。
これが王道ではないでしょうか。

難しいことはありません。
考えてばかりで何もはじめてない。
それが一番の損失です。

まずは気軽に始めましょう。
考えるのはそれからですよ。

スポンサーサイト

2008年06月24日 オススメします トラックバック:0 コメント:0

これを読んで脱サラを決意-若者はなぜ3年で辞めるのか?

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)
(2006/09/15)
城 繁幸

商品詳細を見る



超有名な本ですので、何をかいわんやとも言われそうですが、今の僕にとって一番にお勧めしたい本です。

読んだのはかれこれ2年ぐらい前です。
当時営業をしていた僕は西新宿のお客様のところへ向かう途中、動く歩道のそばにある書店で平積みにされているこの本に出会いました。
そのときは面白いタイトルだなと思った程度です通りしたのですが、帰り道再び通りがかったときに思わず買ってしまいました。
読み始めたとたん、これはすごいとすぐに感じました。
超有名企業の元人事だった作者が明かす会社の論理は、これまで漠然と感じていた自分の思いをどんどん明確にしていってくれました。

間違ってなかったんだ。

そう確信しました。

間違ってなかったというのは、会社勤めすることは間違ってるのではないかという認識が間違ってなかったということです。

読後に僕は目標を立てました。
45歳までに退職しよう。もちろん退職しても食べていける準備をしてから。
その時点での猶予期間は3年ありました。

結局僕は猶予期間2年を残し、43歳で退職しました。
目標より2年前倒しです。


この本に出会わなかったら僕はきっと今でも会社を辞めていなかったと思います。
辞めたいけど不安が残る。だから辞めれない。
ここで思考が止まっていたと思います。


この本は辞めない選択をしても安心は得られないのですよ、実は。
そういうことを教えてくれます。
漠然とではなく明確に教えてくれます。


そして、ではどうするか。
これは自分で考えるしかありません。
でも一歩背中を押してくれる。
間違いありません。


最後に誤解がないようにちょっと補足いたします。
作者の意図は決して退職を勧めるものではなく、より良い雇用社会になるべきだということだと思います。


まだ読んでいない方、ぜひ読んでください。目からウロコ落ちます。

2008年06月24日 オススメします トラックバック:0 コメント:0

| 月収100万ネットビジネス脱サラ生活TOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。