スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

あなたの配送業者選びは大丈夫!?安かろう悪かろうは命取りになりかねないですよ。

こんにちは。アキラです。


今回はメール便のお話しです。

数年前よりヤフオクや楽天での需要増に伴ってか、各大手の配送業者サービスとしてメール便が出そろってくれた感がありますね。

僕がヤフオクを始めだした6年前にはまだメール便サービスが無く、似たようなサービスでは郵便局のゆうパックぐらいだったと記憶してます。
ゆうパックは中身の大きさに関わらず500円定額ですから、複数商品一小口にしたい場合だとか、ぎりぎり収まるサイズでとても重い商品の配送ではお得感がありますが、軽量で小さな商品の配送では不満が残りますよね。
たとえば金券だとかCDなどの小物配送に500円はちょっとという感じです。
では冊子小包なら300円台になるのですが、これは追跡機能が無いのでいざというとき不安です。
ゆうパック、冊子小包それぞれ帯に短したすきに長しという評判は、僕だけでなく当時から色なところで聞いていました。

それからしばらくして登場したのがクロネコメール便です。
もう感激しましたね。
なんといっても低料金。加えて追跡機能まであるんですから。
最近は価格体系が細かくなって最低料金が80円からになってますね。
もう感謝感謝です。
クロネコのドライバーさんは泣いてましたけどね。儲けにならないんですって。
でも頑張ってください!


ということでいいことづくめのメール便のようにお話ししましたが、僕から言わせてもらえばそれはクロネコさんに限った話しであって、競合他社のSさんはダメダメでした。
ダメって文句だけで済めばいいのですが、ものすごい損害を被りました。

実損で100万。
その影響で業務中断を余儀なくされましたのでうべかりし利益を含めると300万の損害でした。
請求しましたけどまったく相手にしてくれません。
また機を見て再開しようと思ってますが、これまでは泣き寝入り状態です。


そもそもなぜこのS社のサービスを使用したのか。さっきまでクロネコさんをべた褒めしてたのに。

価格。それだけです。
今思えばお恥ずかしい話です。

当時のクロネコさんは現在ほど細かい料金体系ではなかったため、最低金額が100数十円でした。

たまたまうちに届け物をしにきてたS社のドライバーさんに聞いたところ、すべて100円でOKとなったんです。
僕はよくよくサービス内容を確認することなく飛び着いちゃったんです。100円に。

サービス利用が始まって不安がよぎりました。
追跡機能が無いこと。
それとなんといってもS社ともう1社、合計2社で運営しているサービスなんですね。
S社が集荷してもう1社が配達という役割分担です。
配送業務を2社で運営するなんて大丈夫かいな。
でもまあ2社とも日本人なら誰でも知ってる大手だから大丈夫だろ。
そう思ってしばらく継続しました。


そしたら起こりましたよ。
約30件同時の遅配です。
最初は数件だったので、まあ定常的に生じる遅配と思ってました。
そしたら日を追うごとにクレームが増える増える。

あわててS社に問い合わせしました。
要領得ない回答です。現物わからない。
まあそうでしょう。追跡機能がもともと無いのですから。
だからと言ってこのままで済ませるわけにはいかないので、配送先リストをS社に渡して調査を依頼しました。

それから2営業日後だったでしょうか。
やっと聞かされた回答にあいた口がふさがりませんでした。

受け取った配送物すべてが配達担当のもう一社からすべて差し戻しになって返ってきた。
いつも通りの梱包、いつも通りの専用ラベル貼付。
なぜなの?

なんでも専用ラベルの添付位置がいけないのが差し戻しの理由なんだとか。
あの。。。今まで普通に受け取ってて急にそれはダメですって、なんなんですか?
S社まともな説明できません。だれだってできっこないですよね。
S社は責任を感じてラベル張替えをS社で行い再発送すると言い、僕はそれを了承しました。
了承したのが結果馬鹿の2倍なんですが、さらに僕は追加発送をしてしまい馬鹿の2乗をしてしまいました。

続く顛末はこうです。
お客様には事情を話してもうちょっとで到着すると連絡し、怒りを鎮めていただけました。
しかしまだまだ先があったんです。
安心していたところ、再びお客様から不着の連絡がきました。
どういうこと?
ついこのあいだ念を押して再出荷したばかりなのに。

なにがなんだかわからない頭のままで急いでS社に問い合わせました。
電話の向こうの担当者もこれまでの経緯を知っててくれてます。
だからなのでしょう。不思議がってます。
状況わかり次第連絡をもらう約束をして電話をきりました。

それから翌日のこと。
信じられない回答をもらいました。

なんと。

まだ出荷してないとのこと。

なぜ???

理由を聞いて唖然とするとともに怒りがこみ上げてきました。

最近から一定量の荷物が集まってから、配達担当業者へ出荷するようになったんだそうです。
これ明らかに約款に違反してます。
約款には荷送人(今回だと僕ですね)が指定する日に出荷するとあります。
一定量集まってからなんてどこにも書かれてないし、そんなことしたらいつ出荷されるかわかりません。

もうここ(S社)はダメだ。
事ここに至っては迷うことなく切る決断をしました。

しかし事態はさらに深刻でこのたびの不手際を理由に僕は取引先から取引停止を言い渡され、未着分とさらに一定期間をさかのぼった取引の弁済を余儀なくされました。
これが実損分です。しめて100万です。

業務再開まで3か月かかりました。
この間売上はゼロです。この損失がうべかりし利益分です。これまでの実績から試算すると200万です。

配送業者選択ミスで総計300万の損害損失となりました。
ネットビジネスをはじめて最大です。

これを黙ってるわけにはいきません。
S社に損害賠償の請求をしました。300万です。

もうこうなると責任者が出てきます。
担当店の店長です。
期待しました。店長ですから。

でも裏切られました。
なにも決断できない人でした。

僕の言い分はこうです。
今回のトラブルは約款違反が原因。
約款に書かれている賠償は、約款通りの運用をしていた場合に限り、その運用において荷物の毀損や紛失が生じた際に適用される。そう書いてある。
約款外でのトラブルが原因なので個別交渉すべき。
ついてはこちらの請求を飲んで速やかに賠償金を支払ってください。

店長のらりくらり。しどろもどろ。
謝るだけでなにも言い返せません。
やっと言えたのはこうです。
今回はS社の過失です。
でも故意の過失ではないので賠償責任は免責されます。
どうしても賠償してほしいなら約款の範囲、つまり送料を限度として支払います。

過失を認めながら故意でなければ免責されるってどういう論理ですか?
故意だったら犯罪ですよ。

店長がダメなのでカスタマーセンターにも直談判しました。
でもこうです。
店長が決めたのなら結論は変わりません。
店長の権限は絶対です。

あの・・・。なんのためのカスタマーセンターですか。
ちっとも第三者的じゃないんですが。
店長の茶坊主に会いに行ってしまったようなもんです。

仮に裁判しても痛くも痒くもないはずです。S社は。
それこそ何十人とお抱え弁護士そろえてるはずです。
今回の僕だけじゃなく、トラブルはきっと日常茶飯事でしょうから。
事務的にちゃちゃっと訴訟対応するでしょう。


こんなことがあって、配送業者選択にたいする認識を改めました。
安かろう悪かろうになってはいけない。


そこで僕は配送サービスでは必ず追跡機能があるものを選ぶようにしました。
どうしても追跡機能が無いサービスを利用せざるを得ないときは、それをリスクとして負担できるかを事前に確認するようにしました。
届いてあたりまえ。だから追跡機能なんていらない。その分安いサービスを選んだほうがいい。
これまでのこういった考えをきっぱり捨て去りました。


考えるまでもなくですが、配送は大事な商品を届ける最後の〆です。
ここをおろそかにするのはあり得ないことですよね。
ここでトラブルが起きてしまうと、そこまでに至るすべてがパーになってしまう。
単一取引の範囲で済めばまだリスクとして受け止めれますが、今回お話ししたように致命的な事態にまで発展する場合もあるんです。

くわばらくわばらですよ。
ちゃんとしたサービスを選びましょうね。

スポンサーサイト

2008年06月25日 ネット物品販売ノウハウ トラックバック:0 コメント:1

クレジットカードの利用可能額を増やす裏ワザ!?

こんにちは。アキラです。

なんかクレジットカードと裏ワザというキーワードの組み合わせだと胡散臭く見えちゃいますね(笑)。

でもれっきとした制度があるんです。
意外と知られてないようなのでご紹介しますね。

ただすべてのクレジット会社でこの制度を運用してるかと言ったら違うようです。
ご利用したい方は事前にクレジット会社に確認してみてくださいね。
またメールいただければ可能なクレジット会社をお教えできます。
お気軽にどうぞ。


さてどういうことかご説明しますね。

クレジットカードには利用限度額ってものが設定されているのは皆さんご存じだと思います。
最初は数十万に設定されていて、その後利用実績その他もろもろの信用情報をもってクレジット会社が評価を行い、定期、不定期で更新されていきます。おおむね半年から1年に一回更新されるのだとクレジット会社から聞きました。

クレジットカードでの買い物はこの限度額内でしかできません。
限度額以上の買い物をしようとするとはじかれてしまいます。
ネットでの買い物では、決済完了の通知がいつもより遅いなあと思っていたら、クレジット会社より拒否されたので決済できませんでした、なんて通知がきます。
そこで利用残高を照会してみると限度額に到達していたとなるわけです。

こうなりますと、支払を終えてクレジット会社側で入金消しこみ処理をしてくれるまでクリアされず、それまでの間はカード利用ができない状態になります。
毎月一回の支払という場合は最長1か月利用できないわけですね。

じゃあ、お金はあるので通常の支払期日まで待たずに、明日にでも払いにいくことでなんとかなるんじゃ?
これもあるにはあるんですが、絶対とは言い切れません。
カード会社によっては支払期日前に入金を受けても、それは預かり金(だったかな)という扱いで、要は支払として扱えないそうなんですね。そうなると結局は支払行為を前倒しで済ませただけで、肝心の利用残高クリアにはならないので、カード利用が依然できないのです。
この辺はお手元のカード会社に確認してみてくださいね。

前倒しでの支払いもダメ。
もうお手上げかと言えばそうじゃないんです。

呼び方はカード会社によって違うようですが事前預け金制度がある場合があります。

これは前もって予定金額をカード会社が指定する口座へ振り込むことで、この金額の利用が追加でできるようになる制度です。
もちろん余れば返してくれますから一切リスクはありません。

ただ事前預けなので、前もってお金が必要となります。
まったく手元にないけど、支払日までにはなんとかなるから。残念ですがこれはNGです。
要するにクレジット会社は無担保で一時的にお金を貸し出す特色から、与信限度枠を設定せざるを得ず、それ以上の貸し出しはできません。ですからそれ以上の貸し出しでは担保がいりますよ。そういう考えですね。


ネットで仕入をやってますとこの限度枠のせいで悔しい思いをしたことありませんか。
現金はあるので振込みできるのに、どうしてもカード決済しか受け付けてもらえない。
カードは限度オーバーで使えない。
涙を飲んで商機を見送るしかないのか・・・。

もちろん複数枚のカードを使うことで問題解決できるかもしれません。
でも僕はどうも気が進まないんですね。管理が煩雑になりそうな気がして。

それよりもどうせ支払わなきゃいけないお金なら早めに払ったほうがわかりやすい。
そう思って事前預けを使ってます。
もちろん商売の特徴によって資金繰りは変わりますから一概には言えません。

でも知っておいて損はないと思いますよ。

2008年06月25日 ネット物品販売ノウハウ トラックバック:0 コメント:0

取引評価に見る国民性の違い!?日本人は辛くて外国人は甘い!?

こんにちは。アキラです。


このブログを始めて2日目です。
あれも書きたいこれも書きたい。
結構ネタは尽きないのですが、なかなかまとまった時間が取れません。
仕事しながら思い出すたびに書いてます。
というのは、さすがに40歳すぎると物覚えが悪くなるんです(涙)。
あとで書こうってすると、忘れちゃうんですね。


今回は評価の話です。
ヤフオクでも楽天でもeBayでもAmazonマーケットプレイスでも。
多少の仕組みの違いはあれど「評価」システムがありますね。
ただAmazonマーケットプレイスは販売者のみが評価され、購入者は対象ではないんです。
これは大きな違いかもしれません。
私たちのほとんどは販売者の立場なので、ちょっと不公平感を感じざるを得ないかもしれませんね。

ま、いずれにしましても評価は販売者にとって若干なりとも売上に影響しますから、いい評価をいただきたいものです。
結構皆さん一喜一憂したりしませんか?
取引量が増えますと、一件ぐらいって感じになりますが、少ないうちはもう目の前が真っ暗になった気がしますよね。


さて僕は以前、海外のお客様とも取引をしていました。
この取引を通して国民性の違いといったら大袈裟かもしれませんが、違いを感じたものです。

日本、アメリカ、イギリス。

総合的に評価が辛い傾向にあるのが日本のお客さまです。
アメリカ、イギリスは日本のお客様ほどではありません。
具体的に確認してみた方はAmazonマーケットプレイスを見てみるといいかもしれません。

販売者をキーにした検索機能が無いので、探しづらいかもしれませんが、ちょこちょこマーケットプレイスを見てると、共通したショップがあったりします。
つまり同一業者が日本、アメリカ、イギリスのマーケットプレイスで販売してるケースです。

同一業者ですからサービスは均一のはずです。
でも評価点を見てみると決まって日本での評価点が低いのです。
逆のケースを見たことないです。


具体例を僕の経験からお話ししますね。

日本人のお客様は商品、サービスすべてにおいて辛いです。
こんなことがありました。
数年前からエコブームですよね。
資源再利用は誰も文句無いことだと思います。

で、僕はあるときから梱包資材の再利用を始めたんですね。
物品販売してますと、仕入商品で使われていた梱包資材で、まだかなりきれいな状態のものに出くわします。
外装部では、張り付けてあるラベルなんかもきれーいにツルーっとはがれてくれるんですね。
いつもじゃないですよ。たまにです。
内装部ではプチプチをはじめとした緩衝材。これなんかいくら使いまわしても問題無いんじゃないかと思いました。今はしてませんが、思いは変わりません。

で、これらをお客様への梱包資材として再利用しだしたわけです。
ただ何も言わずに使うとクレームになるかもしれない。
そう考えて納品書に書いておいたんです。
地球環境保護を鑑み、梱包資材については再利用する場合があります。
これを書いて3カ国のお客様へ発送してました。

結果、クレームがきたのが日本人のお客様からのみ。
イギリス、アメリカのお客様からはクレームどころかGood Idea!というレスポンスをいただきました。

この結果をどう分析するかは色々だと思います。
使い捨て梱包資材と言えども再利用したものをお客用に使うのはけしからん。
欲しいのは商品なのであって梱包資材ではない。従って実用上問題なければ梱包資材にはこだわらない。
その他もろもろ。。。
人によって受け取り方は様々なれど、評価が国によってはっきり分かれたのは大変興味深かったです。


今回の事例からのみ考えますと、仕入は日本で販売先は外国というのがベストかもしれませんね(笑)。
日本で頑張っている販売者の皆様。今のままでも外国人相手で充分すぎるほどのサービスができるはずですよ!自信もっていきましょう!

2008年06月25日 ネット物品販売ノウハウ トラックバック:0 コメント:0

作業効率を上げて利益をアップさせましょう。これには普遍的法則があるんです。

こんにちは。アキラです。

ビジネスが軌道に乗り出すと、必ず出てくる課題が作業の効率化ですよね。
とくに物品販売では、デリバリー関係の作業は煩雑になりがちです。
今回は作業の効率化について普遍的な法則をお話ししたいと思います。
ぜひあなたが悩んでる作業にあてはめて見直しの余地はないか検討してみてくださいね。


普遍的などというとちょっと構えて敷居が高く感じられるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
聞けば多くの方は、なーんだとおっしゃるのではないでしょうか。
でも、なぜそうなのか論理的根拠をご存じないと、なかなか実践しないものです。人間って。
裏付けがあるとなんとなく安心したり自信を得たりして、物事進みやすいんですね。
そんなことないですか?

今回はシステム開発の観点から作業の効率化の法則をお話ししていきます。
ちなみに僕は前職がシステム業界だったので、おのずとこういうお話ができます。
システム開発ってそもそもお仕事の効率化が狙いなので、こういう考えを理論立てて覚えこまされる業界なんです。


会社を例にしてみましょう。
会社って組織にわかれてますよね。
総務、人事、経理、購買、販売、生産。こんなとこでしょうか。
どっか漏れてたらご容赦くださいね。
漏れなくが目的でなく、分かれてることを示すのが目的です。

なんで分かれてるんでしょうか。
取引自体はこれらの組み合わせで成り立ってますよね。

生産や購買で商品を準備し、販売で商品を売って、経理で入出金を行う。
どれか足りないと取引って成り立ちません。
したがって取引という見方をすれば分かれてないほうが都合いいわけです。
よくあの会社から入金があったかを販売セクションの営業さんが、経理の人に聞いたりします。
組織が分かれてるのでこんな手間が発生するんですね。

じゃあ分かれてないほうがいいかというと、今度は作業効率という観点でいうとそうではないんですね。
作業効率を優先すると同種の作業をまとめて一括するほうが良いとなります。
こうして全体で作業効率を上げるという考え方なんですね。

ただこれにもいくつか条件があって、そのひとつがパターン化されているかどうかです。
パターン化、つまり定型定常化されていれば効果があります。
逆に非定型非定常の仕事を無理やり分割するとかえって効率が悪くなるときがあるので注意が必要です。

つまりここでいう効率化の対象は定型定常であることが条件です。

この考えはシステム化においても同じです。
システムは同種の処理を部品化し、それらをつなぎ合わせたものです。
同種の処理を大量一括で行うことをバッチ処理と言いますが、これがコンピュータの存在意義でもあるんです。
コンピュータを偉大なる馬鹿と言ったりします。ご存知ですか?
単純処理、大量処理では右に出る者がいない。でも複雑な応用となると融通がきかないので、人間から見れば平気でお間抜けな回答を返してくるおバカさんという意味です。

一昔前の将棋ソフトがそうでした。
ご存知の通り将棋って相手の王様を捕まえるゲームです。
しかし王様を捕まえる最良の手というと単純な計算では求められない。
だからコンピュータ相手の将棋では、王様とは関係のない駒を必死で取りにいったりするんですね。
損をして得をする。こういうことはを論理化デジタル化しようとするとむちゃくちゃ膨大になるうえ、完成まで気が遠くなってしまいます。

話がそれましたが、要するにコンピュータは定型定常作業を大量一括処理することで効率化を実現しているのです。

これはコンピュータに限った話ではなく、人間が行う作業においても同じです。


発送作業を例にしてみましょう。
発送関係はラベル貼りや梱包など、どうしても手作業でせざるを得ない類ですよね。

一般に発送作業を分解すると次のような感じではないでしょうか。

1.発送商品、同梱物(納品書など)、発送ラベルを準備する
2.梱包資材を準備する
3.2に発送ラベルを貼り、商品、同梱物を封入する
4.配送業者に発送手続きを行う

どうです?
これらの1~4の作業を1配送ごとに行ってたりしませんか?

取引数がそれほど多くなく、日に数件程度ならそれでも構いません。
でも日に10件以上となればこれを1件毎に順次1~4をやっていたら効率悪いですよね。

たとえば取扱商品が同じであれば、目の前にまず必要数同じ商品と梱包資材を並べます。
次にどんどん封入していきます。
続いて納品書と発送ラベルを照らし合わせながら1件ごとに作業していきます。
最後に各件毎に最終チェックをしながら封緘していきます。
全部完了したら配送業者にまとめて出荷します。


ね、取り立てて特別なことではないですよね。
言われてみたら、そりゃそうだ。言われるまでもないよ。
そんな感じじゃないでしょうか。

でも意外とわかってない、わかっててもやらない人って多いんですよ。

僕の知人にもいるんです。
なんか飛び込みで用事が入るとそっちやっちゃったりするんですよ。彼は(笑)。
今やってる作業をまとめてやっちゃってから次をやればって言うんですけど、なんか気になっちゃったりしてダメらしいんですね。

そんなこと言って僕もお客様からクレーム受けたりすると、もうそのときやってたことそっちのけで熱くなっちゃったりしますが(笑)。

以上まずは身近なところから振り返ってみて、毎日生じている作業を見直してみてはいかがでしょうか。
こうしたことの積み重ねで全体として目に見えるほどの作業効率になります。
その結果、時間がもっと作れるようになって、もっと価値の高い仕事に時間を割けるようになりますよ。
固定費として負担できるなら切り出して外部委託するのもいいアイデアですよね。


あなたの大事な体と頭はひとつしかないし、貴重な時間は有限です。
少しでも価値のある仕事をして、もっともっと稼げる環境を作ってくださいね。

2008年06月25日 ネット物品販売ノウハウ トラックバック:0 コメント:0

アメリカからの荷物転送サービス

最近気になっているサービスです。
今までもあったんでしょうか。

http://www.spearnet-us.com/
http://www.usabox.jp/

どちらも日本語サービスがあります。

eBayやUSのAmazonなどを使って、おもにアメリカから物品を仕入れている方に朗報かもしれません。
しばしば起こるのですが、やっと欲しい商品を見つけた、だけど日本への配送をしていない。
そのために買いたいのだけど買えない。
指をくわえて取引をあきらめざるを得ない。
最近のネット業界はインターナショナル前提となってきてますから、以前にくらべ少なくなってきているとはいえ、まだまだ起こりえるケースです。


以前、僕も海外からの仕入れをやっていました。
そのときはたまたまアメリカに留学していた知人がいましたので、彼に手数料を払って転送をしてもらってました。
でも彼にもいろいろ予定があります。
僕はビジネスのためにやってますから、どうしてもいつまでに発送してくれというようなことになりがちでした。
やはりこうした関係は無理が生じてしまい、ある時から海外配送をしていない商品についてはあきらめることにしました。
彼を利用することを辞めたのです。


こうしたこと、つまりアメリカから日本への転送サービスを法人でやってるとこがあるんですね。
まとまった仕入れを定期的に行っている方なら、まとめて転送することもできるようなので、コスト削減になるかもしれませんね。

もう少し調べてきたいと思いますが、読者の方で詳しい方いらっしゃったら情報およせいただけないでしょうか。
どういうことに利用してるとか、お得な利用方法とか、単品でダイレクト配送したときとコスト的にどうかとか。

よろしくお願いします。

2008年06月24日 ネット物品販売ノウハウ トラックバック:0 コメント:1

| 月収100万ネットビジネス脱サラ生活TOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。